いろいろと考えがおありかと思いますが。

みなさん引出物って、何種類を頼めばいいか迷いますよね。

実際、ご注文をいただくと、少ない方は1種類、多い方は20種類など様々です。

結論から申しますと、正解はありません。。(>_<)

ただ、現在送り分けをされることが一般的になってきています。

 

一番簡単な分け方としては、カタログギフトがあります。

カタログギフトなら、送り分けも簡単です(^^)

カタログギフトでは、見た目が同じですので、送り分けも簡単にできていいですね。

もちろん、同じカタログを皆さんにお配りすることもできます。

いずれにせよ、とっても簡単にお選びいただけます。

 

実物を贈るパターンで考えると、男性向きだったり、ファミリー向きだったり、といった具合にカテゴリーを作って考えられるのがいいでしょうね。

ただし、逆に分けすぎてしまうと、煩雑になってしまい、思わぬ間違いが起こる可能性があります。

 

先日のゼクシィさんのセミナーでも、送り分けの統計調査について発表がありました。

長崎県で見ても、全国的に見ても、送り分けは3パターンの方が一番多く、全体の3割強の方がここに当てはまっています。

もう少しデータを見ると、6割近くの方が4パターンまでに収まっています。

 

今回、この記事を書いたのは、「そのように選択した人が多いから、そうした方がいい、もしくはそうしなさい」と言いたいからではありません。

むしろ、みなさんに「多くなった理由」を考えていただきたいのです。

 

ご結婚をされるお二人にとって、披露宴までに決めなければならない事柄は、けっこうたくさんあります。

もちろん、引出物もそのうちの1つです。

あまり難しく考えずに、大きな枠でゲストをとらえて考えられることをオススメします(^^)

 

あなた様の引出物選びに、ベストな選択をされる上でご参考になれば幸いです(^^)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Twitter instagramでも最新情報をお届け!

フォローは、こちら→ Twitter  instagram

どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

商品についてのご質問、資料請求等は、こちら→ お問合せ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket