やっぱり、すごい雰囲気です(^^)

 

こんにちは、家族連れははじめて WEB店長 タカハシです。

 

ただいま長崎ではランタンフェスティバルが開催中!

連日多くのお客様がいらっしゃいます(^^)

とくに週末はすごい人出。

 

そんなランタンフェスティバルですが、家族連れで会場に行ったことはありませんでした。

理由の1つは、小さかったこと。

そしてもう1つが、寝ちゃうこと(^_^;)

今回は事前に少し昼寝をさせて出かけました。

 

当店の前にある鉄橋にも大きなモニュメントが飾られます。

これがあるからいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、会場、特に湊公園のメインは別なのです。

 

写真 2014-02-12 19 29 21

 

浜の町アーケードもランタン一色。

ずっと先までつづきます(^^)

写真 2014-02-12 19 29 47

 

 

ようやく新地中華街の入口にある橋まできました。

この橋には、珍しくピンクのランタンが飾られています。

写真 2014-02-12 19 38 09

写真 2014-02-12 19 38 14

 

iPhoneで撮影したので、ちょっとわかりづらいかな。。

川に映るランタンも幻想的です。

 

そしていよいよ中華街。

写真 2014-02-12 19 39 34

 

先ほどのアーケードと比較してもらうとわかるかもしれませんが、ランタンの密度が桁違い。

まるで藤棚のようにランタンが灯されています。

このランタンフェスティバルは、この新地中華街からはじまった小さなイベントだったのです。

いまでは長崎の代表的なイベントの1つになっていますね。

 

この中華街を抜けると、メイン会場 湊公園があります。

大きなステージが設けられ、平日でもお客さんはたくさん!

そしてここには祭壇があるのです。

写真 2014-02-12 19 59 25

 

おなじみ豚の頭の後ろにいらっしゃるのは、関羽様。

三国志の英雄の一人です。

中国では、商売の神様としても奉られています。

 

観光でいらっしゃった方は、豚の頭をみてびっくり!

「えー!」「なんでー!」などと声を上げられています。

豚は子孫繁栄の象徴であり、さらに額にはしっぽがささっています。

これは一頭をあなたにおささげしますという意味もあるのです。

つまり、御供えものなのです(^^)

 

そのころステージでは、「変面」の披露です。

変面は、中国でも国家機密レベルの技だそうで、間近で見てもどのようにして面が変わっているのかわかりません。

今回は遠くからみていましたが、それでもサッと変わる面に子どもたちはびっくり。

 

写真 2014-02-12 20 10 16写真では、ズーム撮影のためわかりにくいです。。

 

平日でもけっこうな人出がありましたので、週末に来られる方は「覚悟」が必要かもしれませんね(^_^;)

小さなお子様連れの方は、お昼寝もお忘れなく。

長崎の冬のイベント、ランタンフェスティバルでした。

 

最後は近くのお店で「トルコライス」を食べて帰りました(^^)

写真 2014-02-12 20 31 01

こちらも長崎に来られたら、食べていただきたい一品の1つです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Twitter instagramでも最新情報をお届け!

フォローは、こちら→ Twitter  instagram

どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

商品についてのご質問、資料請求等は、こちら→ お問合せ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket