いよいよ来週は庭見せです。

こんにちは。一昨年たくさん御花をいただいた WEB店長のタカハシです。

 

なんともう来週は、「庭見せ」です。

「庭見せ」とは。。

毎年10月3日におこなわれます。

その年の踊町が、通りに面した家を開放し、衣装や楽器、いただいたお祝いの品などを披露します。

 

長崎くんちは、1634年に二人の遊女が踊りを奉納したことから始まったと言われています。

ちょうどそのころ、日本はキリスト教が禁教でした。

「私はキリスト教徒ではありませんよ。隠し事はないですよ」という意味も含めて、お庭を開放したという話もあります。

 

本番で着用する衣装や、傘鉾、船などを間近でみることのできるチャンスですので、是非足を運んでみてくださいね。

 

その際に贈るご祝儀が「御花」と呼ばれます。

友達や知り合いなどに花御札、花紙といわれる紙を付けて、お祝いを差し上げるわけです。

ちなみに、紙の裏には、送り先の方様の名前、そして自分の名前を書きます。

 

この花御札、文房具店や紙屋さんなどに売っています(^^)

酒屋さんなどによっては、サービスで付けてくれるところもあります。

 

いただいた方は御札についている紐をつかい笹に結びつけて、庭見せの際に飾るわけです(^^)v

御花を贈るのは庭見せの前にしておきましょう(^^)

なので、そろそろ準備をしなければいけませ~ん(^^ゞ

 

********************************************

追記

お花について、少し書きました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Twitter instagramでも最新情報をお届け!

フォローは、こちら→ Twitter  instagram

どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

商品についてのご質問、資料請求等は、こちら→ お問合せ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket