タイムスリップしたみたい。

こんにちは、谷中満喫 WEB店長 タカハシです。

 

先日の出張のついでに谷中まで足を伸ばしました(一回目の記事はこちら)。

谷中銀座を過ぎて、T字路に当たったところに別の商店街。

よみせ通り商店街とあります。

 

こちらは車も通る、幅の広い通り。

新大工商店街が思い浮かびます。

 

こちらはさらに時代の流れが止まってしまったかのような、趣のあるお店も。

こちらの仕立屋さんもそのうちの一つ。

Photo 6

でも、店の中には「替えズボン25000円」

すごい。。

 

そして、ウィンドウには、小林亜星さんの色紙が。

1979.3.12とあります。

私、まだ3歳(*_*)

 

Photo 3

 

 

こちらのよみせ通りは、かなり長くていろんなお店が建ち並んでいます。

昔ながらのお店もたくさん。

こちらのお米屋さんも長くやられているっぽいです。

今の東京は、電話番号が〇〇〇〇-〇〇〇〇と4桁-4桁なんですが、こちらは2桁-4桁。

いつ頃なんでしょうかね。

Photo 7

 

すぐそばには、ちょっと前までよく見かけた、コーラの看板。

今ではあまり見なくなりました。

こちらは電話番号が3桁ー4桁。

Photo 8

 

町の雰囲気を壊さないようにか、わざとレトロ調にされてる珈琲屋さんも。

いい香りがしていました(^^)

Photo 19

 

そして、ありました!

「駄菓子屋」

それも普通に。

Photo 16

 

 

懐かしのスタイルは、平成も関係なしです。

いいなぁ~。好きです。

 

Photo 18

 

 

そして、路地裏にわざと入ってみると、これまたびっくり。

共同玄関の昔ながらのアパートや、トタンでできた壁など、本当にタイムスリップしてしまったような感じを受けました。

いやー、興味深いです!

また次回、今度は上野辺りまで散歩してみたい、そんな町でした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Twitter instagramでも最新情報をお届け!

フォローは、こちら→ Twitter  instagram

どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

商品についてのご質問、資料請求等は、こちら→ お問合せ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket