なんでカレーなんでしょう。

毎日、暑いデスね。まだ夏になったばかりですが、ずっと暑さが続くとどうも食欲が無くなってしまいがちです。冷たいものばかり飲んだりして、お腹を壊したり、風邪をひいたり、夏バテしたり。。

私はやはり、食べないとダメだ!という結論になりました(^^)

 

「夏はカレー」 誰が言ったのか知りませんが、この時期facebookなどでもけっこうカレーを食べている人を多く感じます。

私も、昨日はカレーつけ麺、今日はカツカレー。。

何ででしょう。

ちょっと調べてみたところ、どうやらカレーのスパイスに秘密があるみたいです。

カレーの辛さは言わずと知れたスパイスなのですが、このスパイスの香りや辛さが食欲を増進してくれるとのこと。

なるほど、確かに。

 

さらに、辛いので汗をかくことで、体内の熱を下げる効果もあるのだそうですよ。

なるほど、夏にぴったりですね。

少し脱線しますが、東京で食べた蒙古タンメンという料理は、タンメンにものすごく辛い麻婆豆腐が乗っており、食べると汗が止まりませんでした。

が、お店を出ると、暑さをあまり感じずすっきりした感じになった事があります。

 

さらにさらに、スパイスの中にはターメリックというものがあります。

あのカレー独特の黄色を出すスパイスです。

日本名では「ウコン」

そう、最近飲み会の前にいただく、ウコンです(^^)

肝臓の働きをよくしてくれると言われています。

他にも、消化を助けてくれるカルダモンや、鎮痛作用があるクミンなど様々なスパイスが入っています。

おいしくて、体によいカレー。

体が欲するのでしょうかね。

 

たまにはブログっぽい記事を書いてみました\(^o^)/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Twitter instagramでも最新情報をお届け!

フォローは、こちら→ Twitter  instagram

どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

商品についてのご質問、資料請求等は、こちら→ お問合せ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket