なかなか便利な技ですよ(^^)

こんにちは、朝からお客様のお名前と住所を入力の WEB店長 高橋です。

 

住所を入力するときって、だいぶ手間ですよね。

ご自分の住所なら、たとえば「じゅうしょ」と単語登録をしておけば便利ですね。

そこまでしなくとも、郵便番号を入力すると町名まで入力してくれます(^^)

 

でも、膨大な住所録を入力する際、さらに郵便番号もわかっていない場合には、どうしたらよいか。。。

 

私の仕事柄、お客様からお送りする先様の住所をいただくことが多々あります。

今はPCで住所を入力し送り状を印刷しているので、手書きの手間はなくなりました。

しかし、送り状を印刷する際には、フォームに必要な情報を入力する必要があります。

それは、郵便番号、県名からはじまる住所です。

でも、手元にあるのは「〇〇市△△町××-□」というリストだけ。

一個一個探して入力をするという、けっこうつらいものがありました。

 

しかし実は、ものすごく便利な方法があるのです。

これを知ってから、作業が格段にはかどるようになりました\(^o^)/

前提として必要なものは「ATOK」という文字変換ソフト。

お使いの方も多いと思いますが、とても優秀なソフトです。

 

では、どうするか。

例えば、長崎市築町4-22という住所しかわからない場合。

送り状の印刷に必要となるのは、長崎県からはじまる住所、そして郵便番号です。

 

作業がはかどるように、Excelを使用します。

そしておもむろに、「つきまち」と入力をします。

そして変換。。ではなく「F3」を押します。

(キーボードの上に並んでいるファンクションキーというものです)

すると。。。

築町

なんということでしょう!

変換の候補に「長崎県長崎市築町」そして「郵便番号」まで出ます。

入力された町名を都道府県のデータベースで検索して、候補として出してくれるようです。

すばらしい!

 

しかも、使っていく内に使用者の好みか、場所かを読み取って、より近い場所の候補を出してくれます。

例えば、当店の倉庫がある「恵美須町」はどうかというと。。

 

ebisu1

何度も入力しているので、まずは「長崎市恵美須町」がきます。

違う「えびすまち」の場合は、さらに「F3」を押すと。。

 

 

ebisu2

いろんな「えびすまち」が!!

どうです?便利だと思いませんか~(^^)

 

ちなみに、郵便番号がわかっている場合には、同じくExcelのアドイン機能である「郵便番号変換ウィザード」を使うと便利です~\(^o^)/

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Twitter instagramでも最新情報をお届け!

フォローは、こちら→ Twitter  instagram

どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

商品についてのご質問、資料請求等は、こちら→ お問合せ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket