つきつめれば、ブランドになるんだなぁと思います。

こんにちは。こだわりのあるものってステキだと思う WEB店長のタカハシです。

 

みなさん、Patagoniaってブランドご存じですか?

アウトドアブランドなんですけど、町でもオシャレに着こなせる洋服を作っています。

 

今では誰もが知っているフリース。

そのフリースを、ペットボトルから初めて作ったのがPatagoniaです。

私も、学生時代から好きなブランドの一つです(^^)

 

なんといっても、こだわりがすごい。

徹底的ともいうくらいエコロジー。

まぁ、ペットボトルから服を作るくらいですからね。。

 

そんなPatagoniaのアウトレットショップが横浜にあることを知って、行ってきました!

電車をのりついで、アウトレットモール!の中ではなく、ちょっとはずれた場所。

Patagonia ベイサイド・アウトレット

少し、ボールペンで突っついたような跡があるジャケットをかなりお安く買うことが出来ました(^^)

そして、お金を払うと店員さんが一言。

「このままでいいですか?」

 

「えっ」
そうなんです。お持ち帰りの袋が必要かを聞くんです。

アウトレットのお店だから、ってわけではないです。

そして、なるべくレジ袋を使わない様にしているのです。

限られた資源を大切にしているのですね。

 

もちろん、「大丈夫です」と答えましたよ。

店員さん、「ありがとうございます」と素敵な笑顔で、くるくるとジャケットを丸めておりました。

 

直営店では、買い物されたお客さんに、なるべくマイバッグを持ってくるようにお願いしているようです。

直営店でのお持ち帰り袋について
■ 100%再生原料のお持ち帰り袋
パタゴニアの製品は工場から直営店までの輸送過程で汚れが付着しないよう1点ずつLDPE(低密度ポリエチレン)素材のプラスチック袋に梱包されて到着します。直営店では製品は袋から出して店頭に並べるため、この時点でプラスチック袋はその役割を終え、不要になります。そこで私たちはまずそれぞれの直営店でこの使用済みプラスチック袋からセロテープや紙シールなどの不純物を取り除いたあと、パタゴニアの理念に賛同いただいたプラスチック再生会社の協力を得てLDPE原料に再生し、さらに強度と品質を安定させるために他の製品の製造段階で発生する端材も原料に加えた「100%再生原料」の袋を作りました。

■ デポジット制
素材を100%再生原料にするとともに、「できる限り使用を抑えること」と「捨ててしまわれないお持ち帰り袋」、そして「カスタマーサービス」の3つを両立するためにデポジット制を導入します。お買い物をされたお客様で袋が必要な場合は、袋1枚につき100円(非課税)をデポジット(預かり金)としてお支払いいただいたうえでご利用いただき、その後不要になった袋を直営店にお戻しいただく際にデポジットの返金をお受け取りいただく仕組みです。お戻しいただいた袋は、ふたたび商品梱包用のLDPE製プラスチック袋と一緒にリサイクルされます。

限られた資源を大切にするため、引き続きお持ち帰り用のマイバック持参のご協力もお願いします。

 

なかなかギフトやプレゼントの世界で、包装無しというのはハードルが高そうですが、ちょっとビビっときましたね。

ここまでこだわると、やっぱブランドだな~と思います。

 

あ、よく言うブランドという意味では無いですので(^^)

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Twitter instagramでも最新情報をお届け!

フォローは、こちら→ Twitter  instagram

どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

商品についてのご質問、資料請求等は、こちら→ お問合せ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket