原因があるから結果がある。

こんにちは。昨日より風邪気味な WEB店長 タカハシです。

 

通勤にバイクを利用するようになってから?風邪に強くなったと思っていたのですが、とうとう風邪をひいたようです。

頭痛は飲み過ぎのせいかとも思っていたのですが、一日経っても治りません\(^o^)/

今朝からは、のどが痛くガラガラ声になってます(>_<)

節々も痛いような気がします。

 

そんなで、風邪薬を飲むことにしました。

うちでは、ジキニンという薬を愛用しています。

愛用というと変な感じがしますが。。

どことなく古くさいような、枯れたデザインです(^^)v

また、名前がよくないですか?ジキニンですよ。

CMのキャッチコピーは「ジキに良くなって」だったと記憶しています。

 

このジキニン、子どもの頃から使っていたわけではなく、学生時代に先輩から教えて頂いた薬。

調子の悪いときに、一包いただいて即よくなったということから愛用し始めました。

メジャーな薬なようで、どこの薬局にも売ってあるので、いざというときは栄養ドリンクと一緒に買うこともあります。

 

調べてみると、初代は1957年(昭和32年)の発売だそうです。

ロングセラーですね。

もちろん、効き目がいいということもあれば、メジャーな薬であること、キャッチーな名前もその要因の1つだと思います。

 

私の場合はちょっと違って、他者から(先輩から)勧められて、飲んだら効いた。ということ。

つまり、商品を知っている他者の存在があり、きっかけとなって、効くという評判を聞いて、試して、効果があった。

この評判ということが、最近大事になってきているといわれていますが、当然のことですね(^^)v

だって、経験談なんですもの。

 

しかし、もっと大事なことは、身近な他者の存在。

自分に近い存在や、その筋の専門家の意見には流されやすいという、心理学的な見方からしても大事なコトだと思います。

そんな他者の存在と、商品の品質の良さが合わさってロングセラーとなっているのではないでしょうか。

当店にもロングセラーと呼ばれている商品もありますが、やっぱりそんな訳があるような気がします。

 

伝えやすい特徴や効果があると売れて商品となり、これがないとただの製品止まりになってくる、風邪気味のぼーっとした頭でそんなこと考えてました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Twitter instagramでも最新情報をお届け!

フォローは、こちら→ Twitter  instagram

どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

商品についてのご質問、資料請求等は、こちら→ お問合せ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket